SecondLifeのテクスチャ

ごきげんよう、たいこです。
この記事はセカンドライフ技術系 Advent Calendar 2017の為に書いています。

毎年12月に企画されるもので、毎日25日まで、テーマに沿った記事を皆でリレーして書いていくという企画です。何かネタのある方は、今からでもぜひご参加くださいね。


というわけで、何について書こうか、、、と思っていたのですが、11月にTwitterでもちょっと話題になったテクスチャの事を書いてみたいなと。

テクスチャの一時アップロードという機能があります。残念ながらFirestorm限定の機能です。
ご存知の方も多いと思いますが、これがとても便利。

どう使うのかというと、、、

とりあえず、今回は箱を出しています。この箱に一時アップロードのテクスチャを貼ってみます。

1.テクスチャのサムネイルをクリック
2.テクスチャウインドウが出たら、Localを選択。
3.Addボタンを押して、作ったテクスチャを選択。

 

4.テクスチャが仮アップされました。このテクスチャを選ぶと、
5.箱にテクスチャが貼られました。

 

この仮アップの何が素晴らしいか。それはローカルのファイルと同期していることです。

こういう感じに。。。

モデリングツール内でのテクスチャの見え方とインワールドではどうしても感じが変わってきます。ので、このように仮UPしたものを編集していくことで、実際にどんな感じになるのか見ながら修正がかけられます。とても便利。

ちなみにこの仮アップしたテクスチャは、仮アップした本人にしか見えません。
テクスチャが完成したら、本番アップします。その前に、仮アップしたテクスチャを削除しましょう。

 

このように、仮アップしたテクスチャは灰色になります。
これをしておけば、本番テクスチャの貼り忘れを防ぐことが出来ます。


テクスチャ繋がりでもうひとつ。

SLのテクスチャの圧縮の不思議について少し。
テクスチャをアップロードする時、基本的には512px * 512pxとか、1024px*1024pxとかの正方形のサイズで画像を作る人がほとんどだと思います。
アップロードする際に、この縦横比を気にせず作っても、アップロードすることは出来ます。が、アップロードした際に、この画像は強制的に、1:1か1:2の正方形/長方形にリサイズされます。
更に、アップロード自体は2048pxまで対応しています。が、これも現在は1024にリサイズされます。
この強制リサイズがちょっと曲者で、ユーザーのPC環境やSIMの環境や何かで、強制リサイズしたテクスチャがぼやけて見えなくなる、という事態がたまに起きます。このバグは、人によって発生したりしなかったりするので、確認するのが難しい厄介なやつです。できるだけテクスチャは、1:1か1:2で作ってアップするのが望ましいかな、、と思っています。

1:1とか1:2のサイズじゃない画像を使いたい!という場合は、一度テクスチャを作ったあとで、画像の比率を1:1か1:2に変えてからアップロードするとよいですよ。


テクスチャ繋がりでもう一個。

テクスチャの読み込み負荷のお話。
単純に、1024px の画像より512pxの画像のほうが読み込み負荷は低いです。
では、512pxのテクスチャ4枚と1024px1枚のテクスチャ、負荷が低いのはどちらなのか?
負荷が低いのは1024px1枚の方、とのことでした。(UBUMEの時にスクリプターさんに聞いた)

読み込むファイル数>読み込むファイルの大きさって事なのでしょうかね。。
なので、カラバリ4種のベンダーテクス、みたいなもののときは、512pxを4枚つなげて1024pxでアップロードすることもあります。
ゲームでなくてもイベント会場は重たいです。きれいな画質のベンダーを見せたい気持ちは私もありますが、いつまでたっても灰色で、もしくはぼやけてしまって商品画像が見えないことのほうが、リスキーかなと考えます。


SLにはいろいろな環境の人がいます。10年前から比べると、別のゲームか!というくらいきれいな世界になっていると思います。その分ユーザーに要求されるPCスペックもどんどん上がっていっています。
ロースペックの環境にどこまで合わせるのか、どこまで配慮するのか、ということは、イベントを運営していて一番悩むところです。今だと高度なライティング設定や、マテリアル設定などでしょうか。
あと、わりと侮れないのが透過を含む複雑なテクスチャ。具体的に言うと、メッシュ製の草とか蔦とかそういったもの。あの仕様に弱い環境の人というのもいます。

新しいものはスペック要求されがちで、毎年私達も悩みながらイベントづくりをしています。これはきっとこの先もずっと続く課題なんだろうなあと思っています。

 

中の人とtaiko McCawさんとの関係

ごきげんよう、たいこです。
この記事はセカンドライフ非技術系 Advent Calendar 2017に参加しています。
まだまだ空きがあるので、興味のある人は是非!

今年のテーマはアバターということで。
私がアバターいじり始めたのはセカンドライフからではありません。
私がセカンドライフを始めたのは2007年の7月ですが、その前はCafestaというサイトで遊んでいました。今はもうサービス終了しています。
画面の中のアイコンに(Cafestaのアバターは、まさにGIFアニメのアイコンであった)お金を払うなんてあほな!とか思っていた時代を経て、「課金は1ヶ月2,000円まで」とか言って、ちまちまアバターにお金をかけては着せ替える、新作が出ればとりあえずチェックする、みたいな事をしておりました。懐かしい。

2007年当時のセカンドライフには、ネットで遊ぶ初心者がたくさんいました。「画面の中の人形にお金を払うなんて!」という風潮が結構あって、出会った人と交わす話は、割のいいCamp情報だとか、そういうのだったなー。マグスルかどっかにあった結婚相談所のベンチCampとか。懐かしいですね。
私は、前述どおり、その部分の財布の紐はとっくに緩んでいたので(笑)、課金するのはすごく早かったです。なので実はCampの経験がほとんどありません。

私が課金したのは、登録して1週間後くらい。幕末か江戸にあったMareさんの花魁着物を見て、値段を見て、そのやすさにびっくりして、その場でカード登録しました。ちなみに着物は800L$でした。円にすると400円弱でしょうかね。当時。
そんなわけで、私がセカンドライフにはまったきっかけは、800L$の花魁着物であり、この時から他のサイトのアバターにお金をかけるということはしなくなりました。

自分にとってのアバターとはなんぞや。それは着せ替え人形。リアルでは着たくても着られないものをアバターに着せているというスタンスは、10年間何も変わってない気がします。それこそ2008年とかそのくらいの頃、普通の服が流行った折に「なんでアバターなのに普通の格好させてるの?」みたいな意見をちらほらと聞いたりしましたが、リアルで買える一般的な服だって、自分では着られない服ってたくさんあるのです。髪の毛然り、スキン然り。
そういう服をアバターに身に着せて眺めて遊ぶ。なのでアバターはある意味では自分の分身と言える気がします。私の代わりに私の着たい服や格好をしてくれる分身です。かといってそれが自分自身であるわけではないのですよね。

昔はアバターは私にとって、リカちゃん人形みたいなものだと言っていましたが、なんかそれもしっくり来ているわけではなく。例えば、なかなか会えない恋人とSLでイチャイチャしていたら、「いいなあ。恋人といちゃいちゃできて。」とか思うわけです。いちゃいちゃしているアバターを見て、自分がいちゃいちゃしてる気分にはならないのですよね。

かといって、恋人とSLでいちゃいちゃしたくないわけじゃない。相手がどういうつもりでそのいちゃいちゃ道具に私のアバターを座らせているかってとこが重要なのです。いちゃいちゃじゃなくてもなんでもそうですけれどねw
そんな距離感なので、自分が会いたいのにこのアバターの人たちは難なく顔合わせてー!くっついてー!羨ましい!ってなるのでしょう。
私とtaiko McCawさんの間柄は、モニタのなかだけで自分の望みを叶えてくれるコピーロボットみたいなものって感じでしょうかね。

最近は作る事の割合が大きすぎる感じで、アバターいじって遊ぶほうがおろそかになりがちです。Slinkの足からMaitreyaの足に変えて、1年くらい経つ気がするのですけれどね、maitreya用の靴をほとんど持っていないという事実に気づいたのは10月のことです。ほぼ裸足か下駄で過ごしている。商品のADを取る段階で気づくんだよなあ。靴がないって。

映写機とフィルムみたく、バースディとケーキみたく、子供亡くした老人が少女人形をあやすみたいにさぁ

アナタとアタシが金属であったなら、ドロリひとつ溶けあえたから
ああ いっそハンダゴテで溶かしてしまおう
境目のない世界に ドロリとひとつ

(境目のない世界 / 筋肉少女帯)

2日くらい前が満月でした。
なんというか、前回の満月から今回の満月までで本当に一区切りしたなあと個人的な非常にパーソナルなところで実感しています。
大変な思いをしたら、その分だけご褒美があるって私は信じているんですが、今回も多分何かもらえたんじゃないかなあと思っています。やあ、よかった。

ごきげんよう、たいこです。

11月7日は、パートナー欄に今の彼氏の人の名前が入った1年目の記念日です。季節が一巡りしたなあと、やはり最初の1年は感慨深さもあるわけで。
まさに1年歩んだなぁ。1年。

私にありがちな事ではあるのですが、今の彼氏の人とはいわゆる交際前期間というのがほとんどありません。知り合い程度の仲だったのがなんでいきなりこうなったのかは、もう、縁としか言いようがない。縁があったのですよ。きっと。
振り返ってみたら、やっぱりお互い相当手探りしながら歩み続けてきた気がする。よく1年このめんどくさい人から逃げないでいてくれたと感謝しています。願わくばこれからも逃げないでいてくれるといいな。

私はいわゆる乙女こじらせた女だと思っています。
これは、あまり自信がない持論なのですが、若くして結婚した人は大抵乙女をこじらせている。こじらせ乙女は自分で言うのもなんですが、非常にめんどくさいです。めんどくさいの塊。それに付け加え、女性コンプレックスに、長子特有の、しっかりして見えるのに実はめっちゃ弱い、いうなれば昆虫や甲殻類みたいなメンタル構造をしています。非常に面倒くさいですね。自分でもわかってる。
自覚がなければ悪癖は改善されませんが、自覚をしてきちんと認識しても、コンプレックスと名のつくものはなかなか強敵なので、倒すのには多少の時間と精神力が必要です。
昔友人複数人に、「あんたは普段そうでもないのになぜ恋愛になるとそこまで不器用になるのか」と不思議がられた事があるのですが、それは女としての自信がまるでないからなのです。超不器用。

これが20そこそこの小娘だったならば可愛げもあるのでしょうけれどねえ。。。いい歳した、もうすぐ成人するでかい子供のいる女子としては少々お恥ずかしい話ではあります。そういうのを諸々込みで、私に「この人は絶対に離れない」と信じさせてくれたことが、実は一番宝物だったりします。
なんだか夕方に、赤面してしまうようなサプライズを体験したのです。本当に嬉しくてにっこにこしている。恥ずかしいけれどああいうものはよいものですね!(この辺が乙女。どうしようもなく乙女。)

そんなわけで、本当はもうちょっと色々書きたいことなんかもあるのですが、それはちょっとだけ横においておいて。

1年おめでとうございます。これからもずっと、何があっても私はあなたの味方でありつづけるよ。ありがとう。大好き。

と、お返事しておきたいと思います。