トリケラトプスに触りたい ふたご座でのんびり地球が見たい もらった時間でできるかな 長いのかな短いのかな

出来るだけ離れないでいたいと願うのは
出会う前の君に僕は絶対出会えないから
今もいつか過去になって取り戻せなくなるから
それが未来の今のうちにちゃんと取り戻しておきたいから

宇宙飛行士への手紙 / BUMP OF CHIKEN

この歳になって、子供が成長してしまった今、染みますね!
でも実は子供の小さかったうちから、こんなことはずっと考えていました。
分かっていても取りこぼしてしまったもの、悔やまれるあれこれなどは数限りなくありますが、あの頃はあの頃なりに必死だったと信じていられる今でよかった。

ごきげんよう、たいこです。

まあ、なんか、春から夏にかけて色々な事がありました。
歳を取るってやーねえ。みたいな事。

それをきっかけにまじめに未来のことを少し考えたこと。
今の自分の居心地のよさと、5年後10年後の自分のこと。
頭で分かってたって、気持ちがそう簡単に動くわけではないですし、かといってそこをきれいに割り切る事が出来る人なら、今こんな暮らししていないわけなので。
やっぱり気持ちのほうに素直に生きている自分がいますし、だったらそっちの方向で覚悟を決めるしかないのかもしれません。

で、今はなるようになるさー。と、今心地のいいことを優先して暮らしています。
気持ちに沿わない人生を送った場合の10年後が幸せかどうかなんて、やってみなきゃ分からない。気持ちがそっちに向かないなら無理することもないかなあっと。
まだ覚悟決めきれないんですけれども。。。笑。

気が付けばもうすぐ夏も終わるし、1年が経つのがとても早いし、そうやって時間は止まらずにさらさらと流れていって、留めておく術はないのだけれど、留めておきたいものが多くってため息しか出ません。
なすすべなし。

歳を取るってこういうことなのですねえ。

20代の後半から30代に入る頃まで、私は毎日のように強い人になりたいと思っていました。
でも、痛みに強くなるってのは何かを鈍らせないとだめで、それは嫌だなあっていうか、そう簡単に鈍らせることなんて出来ないんだけれども(笑)
ただ歳を取るにつれ、無自覚に鈍くなっていく何かはある。今はそっちのほうが怖いです。

いまだに些細な誰かの行動で、色々考えすぎて眠れなくなるとか、不安でいっぱいになるとか、そういう風になるたびに自分が情けなくなります。でもこれ、治らない気がしてきました。
私に出来るのは、その心の方向を逸らすための手段を出来るだけ沢山備えておくことくらいです。

しっかし、自分ごとで心がいっぱいになるとろくなことにならない・・・・・・!
近しい人にはここのところ、すっごい迷惑とか負担とかかけてしまって申し訳ない気持ちがすごいです。
それでもまだ、手の届く関係でいてくれることに感謝しかない。
本当にくらーくてふかーい穴の底に落ちないですんだこの恩は、いつかお返しできるんだろうか。
お返しできるといいな。

地味で暗い話題になってしまいましたが(笑)
相変わらずドラクエで毎日戦っていますし、こないだ実装されたマイタウンという高額コンテンツのために必死で金策してたりします。2億ゴールド貯めなあかん。。。

ハウジングなんてうセカンドライフでやったらいいじゃんって私も思う(笑)。
でも好きなもんは好きなんだよねえ。町1個好きに出来るとか、夢すぎる。
しかもドラクエ、初期費用しかいらない。家賃がない。すごくない・・・・・・?(というセカンドライフ思考)
現状の、町に置ける庭具の数150個っていうのは、自分でいじる前から桁違いに足りないってわかってる。

なんだか昔のうセカンドライフのプリム上限と戦う自分みたいの思い出して燃えますねw
プリム換算以上に、庭具の1個2個って換算は実際の負荷の上ぶれ下ぶれが大きそうです。
私は今、M土地にS土地用の家を建て、庭具はほぼ50個マックスで置いています。
土地のせいなのか庭具の負荷のせいなのか、庭具がよく消えます(笑)特に自分の家の敷地から出る・入るあたりの境界線で置きやすい。ポスト調べてカメラ回すと「ポストないから取り出せない」みたいなこと頻繁に言われる。
あれは不具合なのか、仕様なのか。。
上限開放できる課金アイテムでたらすぐに買ってしまいそうですが、たぶん難しいんだろうなあ。

ちなみに目標の2億まで、あと6500万くらい。
無理せず金策してるので、まだだいぶ時間かかりそうですが、みんなどんな金策してるんでしょうね・・・・・・!
明日から夏休みだけど、ずっとなんか狩ってそうな自分がいる。

やることがない、コンテンツがないなどと散々いわれているドラクエ10ですけれど、リリース8年目なんでそりゃ当然だろうと思わなくもないです。
ただ私自身はまだ3年目なので、まだやっていける気がしている(笑)
マイタウンみたいな目標ができたのも大きいですね。買ったら買ったでその後ハウジングという楽しみもありますしね。


ちなみにセカンドライフはこの春くらいに16周年でした。
日本では(海外の事はわからない)オワコンオワコンいわれるセカンドライフですけれど、もともとニッチなサービスなので、人口が少ないのは当然と思っています。しかし沼ると抜け出せないのがセカンドライフ。
やることがないというのは、やる事が提供されているから出る感想です。
セカンドライフには、提供されるコンテンツというものがほとんどありません(わずかにありますが、ほとんど知られていません)。
運営が提供するのは、基本のシステムと土地だけ。
後は全てユーザー任せ。ただしその自由度はとても高い。
技術さえあれば、好きなものを好きなように作る事ができるし、技術がなくても作ってるプレイヤーは星の数ほどいるので(そしてその多くは買うことが出来る)作れなくても割りと思い通りの世界や自分が作れます。
やる事がないと飽きることもないんだなあ。って実感したのでした。

そのセカンドライフ、本当にここ2,3年は棒立ち民と化していますが、そろそろお店周りを整えなおさないとなと思っています。
いつやろうかなあ。。。
とりあえず8月イベントは作業終わり、来月頭からのイベントのことをこれから考え始めるところです。
わくわくするものが作りたいぜー。

何もかも この宇宙は全て 愛すべきものだったと思う視点から見たらいいのさ

ザ・シサ 視差を利用したなら同じ対象も異なって見える。
それは二人の花嫁はどこから見ても美しいが
例えばマフィアの皆殺しは町に平和をもたらせたのかもしれない
猫に見えているものは実は一斤のパンかもしれない
哀しみに見えるものも本当は幸せなのかもしれない
その逆なのかもしれない その逆なのかもしれない
ロックバンドの30年
何もかも この宇宙は全て 愛すべきものだったと思う視点から見たらいいのさ

おそらく どうなんだろう

セレブレーションの視差 / 筋肉少女

ごきげんよう。
そんなわけでGWも終わって、次の休みまでの長い長い道のりが始まりました。ちょっとこのカレンダーの仕組みは早急に直したほうがいいと思う。あれだけの連休の翌月に祭日がないなんておかしい。おかしいぞ!

彼氏の人の機械が壊れて、ドラクエで遊べないというので、なんだか久しぶりにSLの店開けました。
 かれこれ1年以上開けてなかったんですけれど、なんだか懐かしい人達が来てくれてありがたい限り。
色々あって人と話したかったのですよねー。大変有意義な時間でありました。
話した内容、瀬戸内寂聴とかなんですけど。

 お金持ちが「幸せはお金じゃない」と言う説得力のなさ。
 個人がお金をたくさん持っていたとしても、世の中のお金に困っている人全てに施せる程ではない。そういう事なのかもしれません。
 けれど、ある程度の幸せはある程度のお金が必要不可欠であることは、まあ、事実です。ちょっときれいごとにすぎると感じてしまうのですよね。
 お金がなくて餓死した人に対しても同じことがいえるんだろうか。と。
 そんなに世の中簡単に生きられないよねー
昔上司が事あるごとに「生きていくのは大変ですねえ」ってニヤっと笑いながら言っていましたけれど、本当にまったくそのとおりだと実感します。

結局のところ、自分が生きていくためには自分しか頼れない。
どれだけ心を砕いても、心配しても、案じても、人が他人に差し伸べられるものなんて限られていますしね。自分ひとりの面倒だって、見るのは大変なのです。
いっときの気休めとしては、耳障りの良い言葉により掛かるのも悪くはないと思いますが、それは気休めなんだって自覚がないと、肝心の自分の人生がぼろぼろに崩れていく気がして私は怖いです。怖いから今日も色々考える。

正直、ぜーーーんぶ捨ててにげたーい!と思うことも多いです。
でもそうしたら、あとで絶対にもっともっと辛い気持ちになると思うから、だから身も心も強くなりたい、強くありたいって思うのですよね。
 寄りかかっていたら、それらの強さは絶対に得られないものだから、仕方がないから開き直ってがんばるのです。死ぬ時に自分の人生、合格点だなって自分で言えるように。

いやあ、生きていくのは大変ですねえ。

探偵は知っている ゴーストはブレインにいる 単純なトリックだが消せない

土曜だ
夜明けまで踊ろうゴーストと
愛してた?生きている?解き明かせ
人は愛に殺される
愛は人に手をかける

探偵はBARにいてGHOSTはブレインにいる / 大槻ケンヂミステリ文庫

 すっかり時間が空いてしまいました。
前回の更新から今日まで、色んな事がありまして、誕生日とか誕生日とか誕生日とか。
 そんなわけで歳を取りました。43歳になった。21年前には43歳ってはるか未来だったんだけど、思ってたより早かった。なぜ21年前かというと、その頃長男がお腹に入ったからです。20歳で42歳かぁ…みたいなことを考えていたのでした。
中身あんまり変わってない気分なのですけれど、確実に歳は重ねていて、若い世代との違いなんかを見るにつけ、だいぶ大人の部類に入ってしまったんだなあ…なんてことを思うわけです。
 11月に転職したのですけれど、転職前の職場は同年代の人が大半を占めていました。同世代としか絡まないと、世の中的な自分の立ち位置を忘れがちなんですよね。あの部署にはとても40代とは思えない人たちがたくさんいた。面白かったけれど。
 今の部署には若い子もそれなりにいて、同年代もそこそこいるわけです。
なので以前よりも、少しだけ世間的な立ち位置は把握しやすいです。いやでも、全然足りてないと思うけどね自覚。
今年の誕生日は、娘がケーキを買ってくれました。11日前に。
なんだか誕生日を1ヶ月勘違いした挙げ句、勘違いした誕生日を実際の誕生日の11日前に思い出し、慌ててケーキを買ってから3月だったって気づいた、という、ぶっちゃけなんでもない日にケーキがやってきたのでした。
 私自身が結構誕生日覚えてるタイプなので、家族の誕生日がわからなくなる感覚がわからないのですよね。娘いわく、私自身の誕生日ってあまり祝わないから覚えられないと。いや、あの、自分で祝うもんじゃないですよおおおおお!
 とりあえず突っ込んでから、ありがたくケーキいただきました。大変美味しかったです。私の好みとか考えて選んできたんだーとかちょー可愛いことを言う。
 プレゼントは多肉植物だったのですが、1ヶ月過ぎた今、1本ダメになっちゃいましたが、他はわりと元気に育っています。よかった。
とはいえ、世話しているのはほぼ娘なのですが(笑)

 その娘、学校で植物育ててる流れで、この1年でベランダを緑色に変えてしまいました。
 今はジャスミンが咲いています。ベランダの戸を開けると、ジャスミンのよい香りがします。もうすぐカミツレやイチゴなんかが咲き始めるみたいです。
どうせなら実用的なのも育ててほしくて、大葉とミョウガの苗を買って置いておきました。大葉は余計な枝を切ったりなんだりで、すでに食卓にのぼっています。まだ香りそんなにしないんですけれど、枝から葉っぱをもいでいると、ああ、葉っぱ食べてるって感じになりますね。
 スーパーで売ってる大葉は野菜感覚なので、あの葉っぱ感は新鮮でした。
ミョウガは夏ごろにとれるみたい。楽しみ。
 当の娘はミョウガも大葉も食べないので、あんまり楽しい栽培ではないようですけれども。。。笑

ものつくるばかりのSLですが、少々ペースを落としつつも、色んなイベントに顔を出させていただいています。
 そして今まさに開催中のファンタジーフェア。毎年本当にわくわくする素敵イベントですねえ。
 どんなキャラにでもなれるSLですけれど、ファンタジーフェアに来るお客さんを見ているとその醍醐味が味わえます。小さな小さな妖精や、ものすごくでかい巨人族やら、ドラゴンやら、ケンタウルスやら。馬のひとも結構いますね。
今年はアニメッシュ実装後、はじめてのファンタジーフェアですが、本物のアバター並に動き回る人形なんかが置いてあって、若干びびります(笑)
 波野家もアニメッシュで泳ぐ金魚を出しています。アニメッシュが来たらやりたかったことの一つだったので、満足です。
 こんなに早くアニメッシュに手を染められるようになったのも、ちきびたのおかげ……。大体アニメッシュの仕組みは把握したので、これから徐々に高度なやつもやっていけたらいいな。
 

 ドラクエ方面のお話。
なんだかんだでドラクエ歴も3年目に入りました。
フレやチームや知り合い方面から、戦闘民として認識されるようになってまいりました。戦闘民は彼氏の人のことだと思う。私はそんなにうまくないので、、うまくないというのは、戦いながら戦術考えて工夫していくみたいな事です。
 あれは全体がみえてないとできなくて、使える技やらなにかの特性もわかっていて、それでできるものだと思うのです。私は与えられた役割をこなすだけで精一杯なのです。
 こないだから始まった聖守護者パート3のジェルザーク。実装したての今は、やっぱりめっちゃ強いんですよねえ。1個前のスコルパイドの時も、その前のレギルラッゾ&ローガストの時も、これをどうやって倒すのかwwwみたいな絶望感がすごかったのですが。
 それらもいつの間にか最強のやつを倒せるようになってて、これがうまくなるってことかぁぁぁぁ!と実感したり。道のりが長いんだよねえ。それでも大変だったぶん、勝てた時は「ふぉぉぉぉやったぁぁぁぁ」てなるのです。その「ふぉぉぉぉ」のために毎日毎日殺されまくっているのです。
 装備を買わねばならないので、金策も頑張ってやらないといけません。お金ってない時は全然なくても平気なのに、たまり始めると減るのが怖くなるのはどういう心理なんでしょうね。
 彼氏の人ともほどよく仲良く暮らしています。なんだかんだで彼と一緒に遊ぶようになってから、1年以上経ちました。
 1年前は占い師や天地雷鳴師になって、ひたすら戦っていた。。
防具とかすごいいろいろ買った。。
 そういえば彼からいただいたお誕生日プレゼントは、ブーメランでした。
その前に転職祝でもらったのが弓、その前に記念にもらったのが盾です。
戦闘民!!!!ありがとうございます。頑張ってそこそこ強くなれました。
思ってることをきちんと聞いてくれるがゆえに、(今までそういう事が少なかったので)自分でもどうかと思うような不器用な物言いをしたりして、余計に迷惑かけてたりします。情けないことこのうえないのですが、それでもきちんと向き合ってくれる様子は、実は結構救われています。いつもありがとう。

  あと2年は、色々と大変なことてんこ盛りな暮らしになりそうなのですが、そしてこのタイミングで自治会の役員になってしまった挙げ句、当たりくじ引いちゃってマンション代表みたいな、なんか大変なやつが回ってきちゃいました。
 ここは公営住宅なので、お年寄りが多いのです。お年寄りをまとめてお願いしてつつがなく自治会活動をすすめなければならない……。
 これは色々修行になるな、と思っています。いや、本音言えば絶対にやりたくなかったんだけども。当たっちゃったもんは仕方ない。
 「あんた若いんだから」って何度となく言われるんだけどさ、いや、私そんな若くないからな!