この道わが旅 果てしなくつづく 出会いと別れをくり返しながら

いま星空の下でたたずみ
遥かな想いを抱きしめる
ぬくもり続けてる夢たちと
影ぼうしが道連れ
雨も風も日照りも嵐も友達だった
(この道わが旅 / DQ2エンディングテーマ)

 ごきげんよう、たいこです。

そろそろお盆も終わりが近づいて、毎度連休のたびに思う「9連休なんてあっという間」を身にしみて感じています。ああああああもっと休みたい。
 昨日はお盆の間にせねばならなかったことを片付けつつ、娘と映画観てきました。

 口には出さなかったものの、この連休中に娘と観に行こうと思っていた「天気の子」。連休頭あたりで「観に行きたいけど友達みんな観に行っちゃってるんだよねー」なんて言うんで、じゃあ丁度いいねと。
 上映スケジュール確認したら、ドラクエ映画ときっちりハシゴできそうな感じだったのと、昨日は金曜日でユナイテッドシネマは会員価格1,100円で映画が観れる日だったのですよねw じゃあ行ってしまおう!という勢いで2本立て。

 

 先に観たのが「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」。正直、あちこちで酷評が目に入っていて(そのあまりの酷さに劇場で観たくなってしまったw)、期待をせずに観たのですけれど。おそらくこれがよかった。ついでにネタバレのレビューも読んだあとだった。これもよかった。
 もともと、ゲーム原作の映画なんで期待もしていなかったのです。もともとオンデマンドに来たら観ようかなーくらいの温度でいたわけで。それでも出演している声優が豪華、、というかちょっと面白かったので、その点でうずいていたのは事実。(心を動かされたのは、古田新太、松尾スズキ、安田顕、吉田鋼太郎あたりです)

 原作となるドラクエVは1992年リリース。計算したら私高校生でしたね。中学時代は部活の人だったために、引退後有り余った時間でゲームやったり小説読んだりしていたんだった。
 VIの時は働いていて(&劇団活動をしていて)あまりゲームに時間がとれず、転職失敗してダーマ辺りで挫折している(最初から遊び人を選んだのが敗因)。VIIの時は結婚して長男が赤ん坊だったあたりで、なんだかめっちゃ時間があったのでドラクエ史上最強にやり込んだ。
というところまで思い出しました(ノ´∀`*)

 私は過去に観た映画や小説、ゲームなど、あらすじをすぐに忘れてしまう特性を持っていまして。Vも当然いろんなことを忘れてしまっていました。
 覚えてるのはパパス、ビアンカとフローラ、あと仲間モンスター。結婚の選択で髪の毛の色が変わる子供2人。

 なので、映画を観たといってもゲームのことをきっちり覚えているわけではないですし、超ファンっていうのとも違うのですけれど。ちなみにクリアしてないです。でもラスボス~エンディングまでは弟がプレイしている横で観ていましたw

 前置きが長いですね。で、映画は非常に楽しめました。1年半ぶりの映画館だったこともあるかもしれない。でも決して雑につくられた映画ではなかったです。ファンを冒涜とかそういう意図もあまり感じなかった。
 3Dになって鳥山明の絵はほぼ影を潜めてしまいますし、当然堀井雄二のセリフ回しもなくなるんですけれど、話の流れやキャラクターの行動、その結果の出来事なんかは、ドラクエだなあって思えるつくりで。違和感なんて全然なく楽しめました。
 昔は豆粒みたいなキャラクターを操作していたわけで、モンスターだって動かないわけじゃないですか。それらが3D空間で動き回ってる、それだけでわくわくしますよね。
 今私はXやってるし、Xだってキャラクター3Dで動き回って戦闘するわけだけれども、それとはまた全然違ったリアリティでしたねー。城や街を遠景から映すとこなんかは、それだけでテンションあがりました。

 ただその、クライマックスのシーンに関して言えば、もうちょっとなんかやり方はあったんじゃあないのー?という気がします。

(ここからネタバレ入るよ)
メタ設定は別にいい。それが使い古されていようと気にならない。ドラクエなんて王道な小さな話の集結みたいなとこありますし。ただなんか、出し方に工夫は必要であるし、(これは天気の子にも言えた事なのだけれど)そんな大それたことをするにはそれ相応の納得できる理由付けは必要だと思うのです。
 どこの誰がそんなメッセージを送ってきたのか、主人公個人に対して言っているのかそれとも無作為なのか、そんな行動に及んだ背景は一体なんなのか。
 そこが非常に非常に大雑把なのですよね。あと、どんでん返しを入れるならば、効果的に入れないと逆効果ということ。逆効果が100倍効いてたぜ…って感じのタイミングと効果でした。びっくりさせりゃいいってものじゃないんだぜ。
 私はしっかり主人公やビアンカに感情移入させて映画を観ていたわけです。
みんなのちからをあわせて(ここも大変ドラクエっぽくて好き)やっと成し遂げた、その瞬間にブチっと切られたみたいな、そういう入れ方は反感しか買いません。
 「もっと軽くしよう」とかいいながら、コリジョンオフとかシェーダーオフとかいい続けるわけですよ。言うたびに活き活きと描かれていた世界がただの真っ白オブジェクトになり、触れなくなり、崩壊していく。最後はただのボックスの集合体になってバラバラになってしまう。
 ラスボスってのは魅力的でないといけないわけで、軽くしたかった事は理解するとしても(笑)あのモデルはいただけない。手抜きしたの?と思われても仕方がない。それだけ説得力がないキャラなんですよね。
 思い出したのはFF9のラスボス。FF9は、お話は大変面白かったけれど、最後唐突に出てきたよくわからないやつと戦う羽目になって、しかもそいつがやたら強くて、私は理不尽な気持ちでいっぱいになりつつ倒しました。なので今でもFF9は好きじゃないです。
 あの感じ。モデルが意味不明なのも似てた(笑)。
あそこで終わったら気持ち悪いままで終わったんだろうけれど、その後ボス(っていうかウイルスっていうか…)を倒した後の終わり方は嫌いじゃないです。
 お客さんにも「これはVR空間でのお話です」とネタばらしして、謎にずっとあとを付いてきたスラリンの存在も認識したうえで、それでもここに彼らはいる。虚無じゃないぜ。というその感じ。
 なので全体的な後味も、実は悪くなかったのです。

(ここまで!)

 私はゲームも小説も映画もアニメも漫画も好きです。フィクションが好きです。その世界、その話が嘘だとわかっていてもなお、そこに行きたくなったり憧れたり、そう思わせてくれる作品が好きです。
 それはおとなになったからといって捨てなければいけないものではないですよね。ゲームだけが時間を食いつぶす無駄なものではないです。そして、それはこの30年くらいの間に、徐々に認知されてきて、今は結構一般的と思います。
 ゲームは子供のもの、と思っている人間は、昔ほど多くない。あと数年でその数は爆発的に増えると思います。だって今の若い世代は、男女関係なく当たり前にゲームで遊んで育っているのだから。

 会社で本を読んでいると「偉いねえ」って言ってくる60過ぎのおじいちゃんがいました。本は偉くてゲームは偉くない、そんな事はないのです。どちらも等しく娯楽です。時間つぶしです。時間の無駄遣いです。でも決してそれはただの無駄ではない。
 そういう時間を持てる今の時代に感謝をしつつ、現実とも折り合いをつけつつ、適度に手軽に現実から逃げる時間をもてるということは素晴らしいことですよね。

 いつも思うのだけれど、敵側のボスの重鎮達って、味方もびっくりな忠誠心持ってるよね。。我が身を犠牲にしても魔王様を復活させたいみたいな。向こう側からしたらちょっといい話なの。
 この物語でも、ゲマは自分が滅びようとも自分の望んだ世界をー!って言うんだけどさ、その望んだ世界ができあがったとして、そこに自分はいないのですよ。。すごくない?主人公側みたいに妻や子もいないんだよ。何がそこまで彼をかきたてるのでしょうね。とか、実はいつも思いながらボスと戦ってたりして。

 

 さて。「天気の子」。
こっちは普通に期待して観ました。
娘も友達から「ちょーよかった!」と聞き、「君の名は。」で号泣した経緯からかなり期待していたようです。
 で、期待しすぎた模様。。。w 私はまあこんなもんか。と思ってそれなりに満足したのですが、娘は消化不良だったようで。ドラクエが期待はずれに面白かったのもその気持に輪をかけちゃったみたいで(そう。娘はドラクエほぼ未経験なのにあの映画すごく楽しんだのです)。
 上でも少し触れましたが、海堂尊の作品って表に出てこない設定がとても多いのですよね。おそらくわざと説明不足にしてるんだろうけど、今回はそれがでかすぎて、若干ついていけないというか消化不良というか、、、そういう感じになったのは否めません。

 そんなん関係ない!俺はあの子がほしいんだ!あの子ともう一度会いたいんだ!ずっと一緒にいたいんだ!だから行かせて!邪魔しないで!

 という気持ちの強さが大変感動するお話でした。だがしかし。やっぱりもうちょっと説明ほしかった。
ヒロインの置かれている状況と、主人公の置かれている状況の似てるようで決定的に違うあれこれとかも興味深いんですけれど。でも、そういうそそられる設定が活かしきれてない残念感。
 晴れ女のあたりはもうちょっと詳しく知りたいです。。。

 映像は文句なしに超絶綺麗でした。雨粒がぴちゃぴちゃする、とか、つかの間の晴れ間の美しさ、花火が映るビルの窓とか。

 冒頭から主人公のモノローグで「僕らは世界を変えた」と言っていますが、彼らは世界を変えたのではなく、世界を変えることを拒んだが正解だと感じます。
 ひとりの犠牲でみんなが喜ぶ、しかしそのひとりは誰かにとってのかけがえのないひとりでもある。そういうごちゃごちゃっとしたあれこれで周囲の人は動きます。
 だから感動しちゃうのですけれどね。君の名は。よりもぶっとんだ設定入れてきているだけに、やっぱり「じゃあ一体あれはなんだったんだ」ってなるんですよね。それがリアルといえばリアルなんだけどさ。
 でもこれは嘘のお話だから、もうちょっとすっきりさせてくれる方が私は好みだなあと思いました。そういうリアルは現実世界で嫌ってほど経験してるんだしさ。



 映画の後、ちょっといつもより豪勢な食事をして帰宅しました。
その後娘と少し話して、ちょっと喧嘩して、色々思うところもありつつ。
でも総括してよい時間を過ごせたので、よかったよかった。