僕らは空を飛べない形 ダラダラ歩く形

たとえでっちあげたような夢も
口から出まかせでもいい
現実に変えていく 僕らはそんな形
(バームクーヘン / ザ・ハイロウズ)

4月に就職して9月に退職した次男の人の再就職が決まりまして。
辞めるの想像以上に早すぎてびっくりしたのですが、更に全然違う業種・職種へ向かったので「おいおい大丈夫か(;´∀`)」と、心配しながら見守っておりました…が、就活セミナーのようなものに参加し、それなりに満足する会社から内定がもらえたようです。
大変なのはこれからだと思うので、とりあえず頑張れ。

これを期に次男の人は寮生活に入り、研修期間が終わればそのまま家を借りて一人暮らしすることになります。うちにいるのは17日まで。いやあ、急だなあ。
家を出るのはもう少し先かなあ、と思っていたので、この急展開はなかなかになかなかでございます。

私は、ことお金を稼ぐ事に対して無頓着で、本当に生活ぎりぎりの稼ぎしかないうえ、
おやすみ大好きー!なダメな大人です。
その反動なのかなんなのか、次男はやたらと上昇志向が強い。
お金稼ぐことを一番大切に考えている節がある。
私、親なのに「ちょーしっかりしてるな次男…」って感心することがとても多いです。
なので次男が独り立ちすることには、さほど心配はないのですがー。
やっぱり寂しいですね。すぐに実感わかないほどには寂しい。
親元にずっといられるのも困り物なので、喜ばいいことなのですけれどもね。

これに引っ張られて長男も独り立ちしないかなあって淡い期待を抱いていますが、あの子に限っては本気で尻を叩かないと出ていきそうにない。これはこれで不安なのですが(;´∀`)

高校生の娘は、今から家を出る算段をしています。
彼女は田舎暮らしがしたいらしいので(というか将来の夢が農家)、この子もきっと遠くへ行くのでしょう。はー。寂しいな。

寂しいことばかり考えていても仕方がない。子供が手から離れるってのは、自分の時間が増えるってことでもあります。気軽にやったり出来なかったあれこれも出来るってことだからなー。

……とはいえ、私ひとりできちんと暮らせるのでしょうか。(;´∀`)不安


峯田和伸氏は、「人を愛するということはきっと、君が君以上に僕を愛してくれたこと」と歌っています。

あーそのとおりだなあって思います。
好き・欲しいがなければ恋は始まらないけれど、自分の欲求よりも相手の事が大切っていう気持ちがなければ愛は成り立たない。
だから、恋した相手が手に入らないなら潰してしまいたい。みたいなのって、ただただ自分の欲に振り回されてる状態。
恋は性欲をオブラートに包んだものだと思ってます。恋はオスとメスのある動物、大抵みんなしてること。

愛はその人へのリスペクトがあることが大前提。尊敬して信頼するやつが愛なんじゃないのかな。
友人、恋人、配偶者、親子など、どの関係に於いても、愛は愛で中身は同じだと思っています。
そしてどのような関係に於いても、愛はキャッチボールみたいにやりとりするものがなければ健全な関係が築けないとも思っています。

見返りを求めるのは愛ではない。これは正しい。
しかし、渡しっぱなしで戻ってくるものがなければ、エネルギー枯れちゃうんですよね。
見返りを求めずに、したいようにしたことがお互いの嬉しいになってる感じが理想なんだとは思いますが、そのいい塩梅が噛み合う人は結構貴重だなって感じてもいます。

すべてがぴったり噛み合う相手出会うことなんて、それこそ奇跡だろうと思うので。
どこを譲ってどこを譲ってもらうのか、そしてそこに感謝とリスペクトができるか、なんだかそういうのが大事だろうなって思います。

相手の悪口を言えば言うほど、ああ、大好きなんだなってわかる悪口ってありますよね。
見方によっては可愛らしいのかもしれないけれど、やっぱり褒められた行為じゃないなあって思います。

そういう時に、自分の感情から一歩引いて、理性的な行動が取れる人に、私はなりたい。

きばらなくてもなんとかなるし 今日出来ることなら明日すればいい

なるようになっちゃうよ なるようになっちゃうよ
そのままにしてたらなるようになっちゃうよ
駄菓子みたいなウンチクなんか お菓子すぎて困っちゃうよ

(人事尽くさず天命を待つ / 電気グルーヴ)

暑い寒い言ってる間に、体育の日も過ぎてってしまいました。
まだ暑いと寒いの交互に来てる気がしますが、そろそろ夏は空気読んで退場していいよ日本から。

ごきげんよう、たいこです。

三連休の週末でしたが、連休明けから2日休んじゃいまして。
病気じゃない体調不良の、女の子の日っていうやつで。
今月はなんだかきつくて、1日のおやすみじゃあ間に合わなかった。。。笑

普段よりも眠気に弱くなったり、計算ができなくなったりするのですが、制作活動はあまり問題なく出来るので、この2日はSLの制作活動などをしておりました。

久しぶりにかわいいっぽいアイテムを。
ヴードゥードールです。ハロウィンだから。
これは沖縄のパニックオブパンプキンでのリリースです。ピエロっぽいハットにヴードゥードールが張り付いてます。結構色んな服に合う感じになった気がするので、気になった方はぜひ。
13日からの販売だよ!


 

プライムビデオで「息もできない」を再び鑑賞しました。
これ、過去記事のどこかに感想書いた気がしなくもないですが、所謂韓流映画と呼ばれるものとは、種類の違う韓国映画です。とにかく重たい、暗い。でも素晴らしい映画です。ものすごくブルーになるし、救いはないし、結局「その連鎖ってやっぱり断ち切れないの!?」てなる。
本当にままならないことだらけで、どうしろっていうのよぉぉぉぉ!っていう気持ちになります。
でもそれでも、できるだけ笑って生きていかざるを得ないのですよね。できるだけ。


 

ここのところ少々お疲れ気味の娘さん、1年ほど前から、ちょっと無理している様子が見えていて、少々心配しています。本人にはあまり自覚がないのと、「やらねばならない」みたいな義務感が見え隠れしていて、こちらの言うことはあまり響かない様子なので、とりあえず見守っていたり。

その娘が「生まれ変わったら猫になりたい。猫はいいよね。」などというのです。
所謂けものは、生きることに選択の余地がないです。環境も、生き方も、選ぶことができません。
人はそのへん、結構な頻度で選びながら生きています。大きなことも小さなことも。比較して吟味してどれか一つを選びながら生きています。

選ぶということを知らなければ、今の現状をそのまま受け入れるしかありません。自分と他者を比較することもありません。正確に言えば、けものには比較することも出来ないのですけれど。
選ばなくてもいい生き方は、一見とても潔いしかっこいいし、あるいは楽に見えるかもしれない。
けれども、選択の余地があるということは、それと比べたらとても恵まれていることでもあります。知らないからこその安定。
人がこの感じで揺るぎないのは非常にかっこいいですが、それは、人には選択肢がたくさんあるという大前提があってこそです。

娘にはその、選択の余地のなさが魅力的に映っているようですが、母としてはぜひとも、沢山の選択肢から選ぶ苦悩や、比較したりされたりすることの辛さ、楽しさを知ってもらいたいなって思っています。
人に生まれて来たことは、実はすごくラッキーで幸運なことなんだよって思ってくれたらなー。
私も二十歳、その前くらいには、似たようなことを考えていたので、きっとそのうち人でよかったなって思える日は来るって信じたい。来てほしいな。


 

ドラクエの話。
ドルボードのレースとか、うさぎのクエストとかやってます。うさぎのクエストは、家具目当てで。(クエスト終わると行けるエリアで、新作の期間限定家具が買えます)
SLと違って成約が多すぎるドラクエハウジングですが、中途半端に手を出してしまったので、ガチまではいかなくとも、とりあえず家の中を飾ったりしています。

昨日は彼氏の人が早めに就寝したので、その後ちょこっとだけ、買った家具を並べてから寝ました。まーぜんぜん満足行くほどの出来栄えじゃないんですけれども。。。

ドルボードのほうはですね、私は初代マリオカートで逆走しちゃうくらい、あの系統のゲームが苦手ですので、、エルフのおくすりは欲しいけれど無理だなーって諦めていたんです。

が、あいのりでも行ける仕様ということで!w 彼氏の人が頑張ってくれています。それでも2人乗り、結構ハードルあがるので、なかなか5分切れないのですが。なんだかんだとタイミング見てグレンに誘ってくれるたびに、こっそり喜んでいます。いや、こういうの嬉しいね!?

当然レースは彼氏の人に任せっきり、私は隣に乗っているだけなので、やたらしゃべるしうるさい。足引っ張ってる気がしなくもないけど、あいのりでフィールド走ってるの楽しいから仕方ない。

そんな感じで、ドラクエの中では多方面で彼氏の人に世話を焼いてもらっている状況です。
仲良くやってます。(ノ´∀`*)
おそらく、再来週くらいには新しいボスが出てくるはずなので、それに備えて金策したり、敵の耐性なんか考えたり。
ほんとに純粋に楽しいドラクエ。相変わらず半分引きこもってるけど。

普段は世話を焼く側に回ることが多いので、世話を焼かれる楽しさを満喫しています。いえーい!

僕が見つけるまで生きてくれて 見つけてくれてありがとう

聞かなきゃいけない話が全く頭に入らないのは
愛されたくて必死だから
申し訳ないことだけど どうすることも出来ません
あなたが聞けという横で僕はこれを書いてる

(66号線  / Bump of Chiken)

朝、娘のベッドから聞こえるすすり泣きの声。
「今日は午前休む。連絡は自分でする。相談したいことあるんだけどいい?」って娘からのLINE。
夏に体調崩してから、なんとなく体調崩すことが多くて休みがちなのですよね。娘。
「学校行きたいのに行けない日が続いたら、行きたいのに行きたくない気持ちが強くなってきちゃった。どうしよう」
と。朝からLineでやりとり。
私はこういう話をするの、Lineとかチャットのほうが向いてるんだなあって実感しました。同じ家の中にいても。
娘の気持ちも葛藤もわかる、行きたくない気持ちのまま行かないとどんどこ行きづらくなる、多分本人もわかってる、という状況で、私がしてあげられることなどほとんどないので、気持ちの持ちようとかなんかそういう話をしました。
なんとか楽しく学校に行けるようになるといいなーって思うけど、もし本当につらくてしんどいなら、学校は仕切り直してもいいって思ってます。真面目すぎちゃうので、上手な気の抜き方を覚えてくれるといいなあ。


トラウマみたいなのと向き合った話。
昨日、不意によくわからない不安に襲われまして。
なんだか昼間、ずーっとそわそわして落ち着かなくて。
自分でもびっくりすることに、私は恋人を怒らせるんじゃないかって不安になったんですよね。全然怒るような事してないし、全然怒るような人じゃないのに。そんなのよくわかってるのに。で、これって過去、散々経験してきたことから来るトラウマなんだなあって、昨日ふわっと気づいた。

恋愛だけじゃない、子供の頃から幾度となく経験してる感覚。
自分がよかれと思ってしたことや、悪気なくやったことについて、不意に怒られるっていう。
それがですね、いくら説明されても、いくら考えても、やっぱり自分は怒らないなーっていう事柄だったりするんですよね。相手の感情の流れが読めない、理由も原因もわからない、だから対処のしようがなく、何をしても怒られるかもしれないっていう恐怖がつきまとう。…おそらくこんな感じ。

恐怖や不安はいきていくために必要な感覚だけど、出すところをコントロールできたらいいのにって思う。一度体やこころに染み込んだ恐怖は、結構手強く残ってしまうし、消すのに失敗するとさらに深い傷になったりして、なかなか厄介ですよねえ。

恋人がいる時は、この手の不安に結構な確率でやられている私ですが、今の恋人の人はこの辺すぐに吐き出せる環境を作ってくれるので、本当に安全地帯って感じがしています。
話を聞いてくれるって本当にすごく大きいな。
彼も、なんだかんだで結構素直に色々なことを伝えてきてくれるので、この感じがずーっと続くといいなって思っています。

いつも、ここまでしたらやりすぎだろうとか、そういうことを考えながら人と関わっています。それって大事だって思うし、そういう遠慮はなくせって言われたって、どうしてもそうなっちゃうんだからなくすのも大変なやつです。
私は自分がしたいように思う存分世話を焼ける人間なんて、ファンタジーだとおもっていました。現実にはそんなもの叶わないよって。
今のところ、私の恋人の人は今までで一番私の理想としてる感じに近いのです。

今年のお正月に引いたおみくじが、ここに来て発揮されたと思わざるを得ないw
(今年のお正月、おみくじ2枚引いて全部大吉だったw)
間違いなく私にとっては宝物なので(ノ´∀`*)大事にしていきますよ!